So-net無料ブログ作成

きみの町で [読書]

一人で飲みに行こうと思ったときに、楽天ブックから届いた封筒を開けて手に取った。
これなら読めちゃいそうだ。
それくらい薄い本だった。
僕の好きな?好みの?似た?重松作品である。短編集は飲みながら読むにはなかなか難しかった。つい、隣で話をしているひとに意識がいって内容がが頭に入らない。
そんな短編が繋がるときが来る。
これは哲学にくっついた小説なんだ。そう思ったら違う見え方がしてきた。短編がくっついてちゃんと一冊の文庫を構成している。
災害がもたらす切ない別れを表現し、自由と不自由を考えて...。

お迎えが来たから帰る。
現実へ...





きみの町で (新潮文庫)

きみの町で (新潮文庫)

  • 作者: 重松 清
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/06/26
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。